チャットレディで考えられる4つの危ないこと

チャットレディで稼ぐ7つの方法

チャットレディで稼ぐ・長く続ける・安心して働くノウハウや考えをあなたに伝授します!

チャットレディで考えられる4つの危ないこと

読了までの目安時間:約 4分

 


チャットレディは、「インターネットを使用して見知らぬ人と交流する」というツールです。

チャットレディ関連で事件が起きたということは聞いたことがありませんが、実際にチャットレディをした経験のある女性の中には「危ない目に遭ったことがある」という人も少なくなく、あらためてネット上の交流の怖さを実感しますね。

これからチャットレディを始めるうえで、危険から自分の身を護るためにも「チャットレディにはどんな危険があるのか」を知っておきましょう。

調べてみると、なかなか現実は厳しいようです…。

心が強い女性じゃないと、続けられない仕事です

具体的に事件につながるようなことではありませんが、チャットレディの仕事を経験した女性の多くが「疲れる」という感想を持つようです。

チャットを利用する男性の中には女性に失礼な人も多く、ノンアダルトのチャットなのにアダルトを強要してくるなど、無理な要求を通そうとする人が実際にいるとか。

インターネット上でのお付き合いだと「あとくされ」がないので、好き放題酷いことを言う人もいるのでしょう。

案外、この「酷いことを言われるのが辛くてやめたくなる」という女性が多いです。

金銭感覚が狂う女性が多い

男性に何かされるということではありませんが、この「金銭感覚が大きく狂ってしまう」ということも怖いことのひとつ。

なぜなら、金銭感覚というのは一度ついたら変えることは難しいためです。

人にも寄りますが、チャットレディの中にはかなり稼いでいる女性もいます。

でも、チャットレディの世界というのは次々と新しい子が出てきますし、いつまでも同じくらいの金額を稼ぐことができるとは限りません。

もし稼ぐことができなくなったときに、途方もない金銭感覚だけが残るというのでは困りものです。

大金を稼いだとしても、「いつどうなるか解らない」という危機感を持ちながら生活すること。

派手なことはしないということを心がけていきましょう。

ストーカーの危険性は常に考えておいた方がいい

チャットにやってくる男の中には、気持ちが行き過ぎてストーカーにまでなってしまうような人がいる可能性もあります。

今のところ、チャットレディのことで危険な事件などは起きていませんが、今後どうなるか解らないというのもこの業界。

いつか怖い事件が起きる危険性はありますよね。

それを考えても、身元を特定されるような行動は控えておくことは必須です。

男性の中には、窓にうつった背景から居場所を特定してくるような人もいますので、窓や住んでいる場所の特徴がうつらないような場所でチャットをすることは大事なことです。

顔出しは慎重に

あくまで「ネットである」ということを忘れないこと。チャットレディをする人の中には、顔出しをする人もいます。

顔出しをするかしないかで、得ることができる料金もずいぶん変わってくるので「稼ぎたいから顔を出そう」という女性も少なくありません。

もちろん、チャットのサイトの方でも事件が起きないように十分セキュリティを強めていますが、こういった業界はどこに抜け道があるか解りません。

顔出しをするときは、ネット上に残るかもしれないという危険性を踏まえたうえですべきです。

もしかしたら、今後どこかで流出するかもしれない、知人にバレるかもしれない…あらゆることを考えた上で、顔出しをするかどうかを決めて下さい。

まとめ

チャットレディを長くやっていると、「もっともっと稼ぎたい」という気持ちも出てきますし、お客さんの要求から「顔出しをしてもいいかな」と思うような人も出てきます。

でも、それはとても危険なことであるということを、常に頭の中に置く必要があります。

一度ネット上に公開したものを、完全に消すことは困難ですからね。

当サイト登録数チャットレディサイト:ベスト3

DXライブ
DXライブ

大手アダルトサイト「カリビアンコム」と協力しているアダルトチャットサイトのナンバーワン!

アダルトナンバーワンで、もしあなたが月100万円を目指しているなら、ここを外すことはできません。

DMMライブチャット
DMMライブチャット

数多くあるサイトの中で、業界を引っ張っていると言っても過言ではない有名サイト

ノンアダならまずはココ。大手が運営しているサイトなので、「信用できる」「安全性が高い」!

チャットピア
チャットピア

「人妻であること」を前面に押し出して売りたい!という人にオススメのサイトです。

人妻向けのチャットレディサイトの中で「パソコンとスマホの両対応している」画期的なサイトです。


 

安全に仕事をするために

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る